女性が活躍出来る仕事│一般企業の公認会計士

ヘッドハンティングで転職

手をつなぐ人

日常生活でヘッドハンティングされるということは一般的にはそうそうありません。しかしながら、優秀な人材を引き入れるためにヘッドハンティングは存在しています。一般的な転職の場合は自身から転職サービスなどに登録して企業を探すことになりますが、ヘッドハンティングは特に転職を希望していない人を勧誘する行為です。ヘッドハンティングを受け入れる人は、主にステップアップや現状よりも待遇面であることからヘッドハンティングに応じるパターンが多いです。ヘッドハンティングの対象になる人は、基本的に人材として希少性が高いスキルを持っている場合や、豊富な専門知識や業務経験を積んでいる人などが対象になります。たとえば同業他社からの引き抜きなども、ヘッドハンティングにあたります。こうしたヘッドハンティングには専門業者がいて、よりヘッドハンティングの成功率を上げたい場合などに利用されることがあります。しかし専門業者の費用相場がスカウト対象者の想定年収の半分以上で設定されているところが殆どのため、企業側としてもどうしても欲しいといった人材以外は専門業者を利用する場合などは少ないでしょう。なお、ヘッドハンティングされる際などは、待遇などの確認も重要ですが、自身のキャリアに本当にプラスになるのかどうかといった点をよく考えるようにしましょう。給料の上昇に合わせて点々とヘッドハンティングに応じていると、企業からの信頼度が下がっていってしまう場合もあります。