女性が活躍出来る仕事│一般企業の公認会計士

建設業を目指す

説明

建設業は日本の全産業の就業人口1割を抱える基幹産業となっています。身近にある住宅から水道や電気、交通網など生活になくてはならないものを整備し、建設していく仕事です。人々の生活を支える基盤を作る、社会的にも重要な職業が建設業です。しかしながら建設業界は人手不足の状況が続いていて、求人はあるが人がいないといった状態が続いています。特に建築や土木の現場で最低1名必要となる1級建築士や施工管理技士なども不足をしていて、案件は豊富にあるが着手できる人材が足りないといった状況なども少なくはありません。そのため、30代、40代などの中途採用の求人なども増えてきています。また、建設業界は男社会のイメージを持っていく人も少なくないでしょうが、現場で活躍している女性の建築士なども徐々に増加してきています。女性OKの求人も増えてきていて、積極的に採用されています。最近の求人では育児休暇などもしっかりと整備されていて、女性でも働きやすい環境が整えられてきているのも人手不足の解消と性差を無くしていく企業努力だといえるでしょう。人の生活を支えるといった大きなやりがいに惹かれ、建設業を目指す女性も増えてきています。様々な人が関わっていって大きな建築物を作っていくといった達成感も、建築業の魅力です。地図にも残るような大きな建築物の作成に関わることなどもでき、誇らしい気持ちになるといった意見などもよく聞きます。物を作るのが好きな人は、建設業界への就職を視野にいれてみてはどうでしょうか。