女性が活躍出来る仕事│一般企業の公認会計士

IT業界でトップを目指す

男の人

年々急速的に成長していっているWeb・IT業界ですが、他の職種と比べて資格取得やスキルアップによって昇給する可能性が高いところが特徴です。そんなWeb・IT業界で最も稼げる職業といわれている職業は、ITコンサルタントです。ITコンサルタントは主にクライアントの経営的課題にITを駆使して解決する仕事です。その仕事は戦略選定をはじめとして、改善するためのシステム企画や設計、開発まで全般的に関わるため、大きなプロジェクトの根幹となります。ITコンサルタントとして採用されるためには、まずシステムやインフラ上にある問題を発見し、現状を把握する知識と判断力が必要となります。それに合わせて、問題を解決するための高い技術力が必要となってきます。また、提案した案が経営上どのような効果をもたらしていくかといった経営者の視点なども、採用されるためには必要な要素です。他にもコミュニケーションなど必要なスキルは様々ですが、完全に実力主義の業界となっているため、年齢などは関係ありません。知識やスキルなどを修得すれば、20代や30代でもITコンサルタントに採用されます。ITコンサタントとして活躍している人には、20代で採用されてどんどん実力を伸ばしていっている人なども少なくありません。実際、ITコンサルタントになった人々の大半はプログラマからSEに、SEからITコンサルタントにとスキルアップをしていっています。プログラマを目指している、またはプログラマとして実際に活動している人で自身の可能性を広げたい人は、ITコンサルタントになることを視野に入れてみましょう。