女性が活躍出来る仕事│一般企業の公認会計士

建設業を目指す

建設業界は人手不足が続いていて、積極的に求人が出されている職種です。最近では女性の積極的採用なども行っていて、建設業界でも育児休暇などの女性が働くための環境が整備されてきています。

女性に優しい公認会計士

男性と女性

公認会計士の仕事は、監査業務が主体となります。会社の財務書類などを第三者の視点から適切に監査を行い、不正などがないかを調べる仕事です。公認会計士に監査を行ってもらうことで、会社は利害関係にある金融機関や株主などの信頼を勝ち取ることができます。利害関係にある金融機関や株主側からしても、公認会計士によって不正はないと監査をしてもらうことで安心感を得ることができます。公認会計士の仕事は、雇用先の会社と、利害関係にある相手をつなぐための仕事ともいえます。
公認会計士は国家資格となり取得は大変ですが、資格を取得することで性別の差がなく働くことができるため、向上心とチャレンジ精神がある女性に最適な仕事といえるでしょう。そういった点から、女性の公認会計士も多く活躍しています。そのため育児休暇などの女性が働きやすい環境が整備されていることも魅力です。また、公認会計士の資格は世界でも通用するものです。会計はビジネスの世界共通言語とも言われていて、昨今では一般企業でも海外と接点を持っている企業も少なくはありません。一般企業から接点を繋げ、海外で公認会計士に転職した例なども存在します。キャリアアップの機会なども多く設けられているため、自身の可能性を広げていくこともできます。一般企業であれば繁忙期以外は残業などもない場合が殆どですので、趣味などの自身の時間や家族との時間を大切にすることもできます。一生ものの資格でもあり、産後の復職にも支障がないといった点から、仕事が好きな女性などにも最適です。

ヘッドハンティングで転職

手をつなぐ人

転職方法の中には、ヘッドハンティングされる場合というものがあります。ヘッドハンティングは通常の転職方法と違い、自身で転職先を探すのではなく企業側から転職のアプローチをかけてくることを指します。

IT業界でトップを目指す

男の人

ITコンサルタントはWeb・IT業界で一番稼げる職業だと言われています。その仕事内容は多岐にわたり、企業でITを駆使して経営補助などをしていく仕事となっています。採用までに必須なスキルなども多いですが、その分やりがいも大きい仕事です。